蛇崩川の暗渠散策(三軒茶屋~馬事公苑編)

162 total views, 1 views today

蛇崩川の暗渠散策(祐天寺編)からの続きです。

で、中目黒駅周辺の目黒川から遡上してきたのですが、いったん帰宅。
後日改めて蛇崩川に挑んだのですが、次は源流と思わしき地点から出発いたしました。

目的地は世田谷区の馬事公苑。
理由は「蛇崩川 源流」でググったら馬事公苑内だと出てきたからです。
我ながら単純。

ところが訪れてみるとおかしなことばかりです。

Google Mapでは蛇崩川の源流とされる場所と蛇崩川との間には、
品川用水が流れており、谷沢川水系との分水嶺となっております。
分水嶺を跨いで川が流れるのは不自然。
ここに湧水があり川が始まるなら谷沢川方面に流れるはずです。
と現地で悩んでいると、本田さんからありがたいメッセージがありました。

フェイク源流
フェイク源流

怖いですね。暗渠界に忍び寄るフェイクニュース。
ニュースじゃないけど。

品川用水を超えすぐの辺りが蛇崩川の源流の一つです。
先述の東京都世田谷区教育委員会の「世田谷の川と用水」にも蛇崩川は自然の河川だとの記載があります。
用水の下を通したみたいなはずもなく、きっとそういうことなんでしょう。
源流は馬事公苑ではなく、品川用水より東です。
ちょうど扇状の谷戸を形成しています。

しばらく下ると蛇崩川洗い場跡があります。

蛇崩川洗い場跡
蛇崩川洗い場跡

川の水を利用し、大根とか洗っていたのでしょうか。
ということはそれなりの水量があったことは想像できます。
この辺りからいかにも暗渠が始まっています。

分かりやすい暗渠
分かりやすい暗渠

支流なのかもう一つの本流なのか、
やはり品川用水から近い場所から湧いたと思われる、
もう一本の流れがあります。
コンクリ蓋暗渠や開渠などもあり、そちらも見ごたえがあります。

コンクリ蓋暗渠
コンクリ蓋暗渠

一通り、本流っぽいところは廻ったのですが、
まだまだ支流など見どころはあると思います。
近々にまた訪れてみようと思っております。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。